FC2ブログ


   【福山大学学友会サッカー部 公式blog】
   福山大学サッカー部の公式blogです。福山大学サッカー部の情報をいち早くお知らせします。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
【Profile】

fukudai06

Author:fukudai06
福山大学学友会サッカー部
【Positive Action】

【Link】

このブログをリンクに追加する

【Category】

【Archive】

【Search】

 中国四国代表プレーオフ
先日行われた松山大学とのインカレ出場権をかけたプレーオフの様子です。


☆福山大学 4-0 松山大学(四国2位)

福山大学は4年連続6回目の出場となります

 
 
リーグ戦最終節の徳山大学戦を素晴らしい内容で勝利した勢いをそのまま持続して試合に臨むことができました。プレーオフまでの一週間はトレーニングに対する緊張感、集中力そして気合い全てにおいて勝利に値するものでした。
 
 そして試合当日の朝、朝食前の散歩から選手全てがリラックスしよい表情を浮かべる中で、このゲームに対する思いが伝わってきました。試合前のミーティングでは、今シーズンのゴールをまとめた映像で振り返るとともに、昨年のプレーオフの様子を見直し闘争心を高め、さらに「相手を崩し、逆を取ってチャンスを作る」というチームコンセプトに沿った得点シーンを集めた映像をみてイメージを高めました。

 アップ前には、いつもお応援してくださる溝口さんもわざわざ高知まで応援に来ていただき熱いメッセージを伝えてくれました。アップでも良く声も出て気合い十分、試合前には応援に回った部員達も到着し、全ての準備がパーフェクトにできた中でのキックオフ。

 細かい雨が降り続け若干ピッチが滑るものの芝生の状態は素晴らしく、後は選手達が自分たちの力を出し切るだけでした。

 開始1分、積極的な松平(銀河学院、2年)の仕掛けからCKを奪い、中山(作陽高校、4年)の蹴ったボールは相手DFにあたりゴールに飛び込むラッキーな先制点を奪う。

 これで落ち着くことができ、いつも以上に集中した組織的なDFに加え、奪ったボールを素早くつなぎ、さらにはコンビネーションでDFラインを突破できる場面が多く見られ最高の立ち上がりとなりました。

 松山大学も出身が愛媛ユース、滝川第二などテクニシャンをそろえた好チームで、スムーズなパス回しは見事でした。しかし、それ以上にDFラインは強さを見せ裏を取られる場面はほとんどなく安定していました。

 そんな中、中浦(大分鶴崎,4年)のくさびを藤本(広島皆実、2年)がスルー、その裏で受けた佐古田(西京高校,1年)が振り向き様に素晴らしいシュートを決め2-0。練習通りの見事な中央突破でした。

 後半に入り、松山大学も必死の反撃を試みますが、田中(浮羽高校、1年)須山(出雲工業,3年)の両センターバックを中心に跳ね返しチャンスを与えません。そんな中再び佐古田がスルーパスに抜け出し落ち着いて決め3-0。そして交代出場の広中(広島皆実、4年)が終了間際に強烈なシュートを決め4-0。

 全てにおいて上手くいった素晴らしい勝利でインカレ出場権を手にしました。これまでお世話になった全ての人に感謝しするとともにインカレに向けてさらに謙虚に努力を続けていきたいと思います。

 なお、インカレは全国の予選を勝ち抜いた24大学を6ブロックに分け、12月20日、22日、24日の3日間で予選リーグを行い、1月7日から決勝トーナメントが開催されます。この3年間インカレでの勝利を手にしていない分、一つでも多く勝利し、決勝トーナメント進出、さらに一つでも上の順位を目指していきたいです。

 

スポンサーサイト




福山大学サッカー部OFFICIAL PAGE

テーマ:大学サッカー - ジャンル:スポーツ

中国大学サッカーリーグ(インカレ予選) | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/11/21(火) 14:50)

<<TM結果 (マツダ) | ホーム | インカレ出場決定>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://fukudai06.blog43.fc2.com/tb.php/142-f2065c35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 【福山大学学友会サッカー部 公式blog】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア